2018.07.17

高卒・資格なしで転職できるか不安、自信がない時にやるべきこと

高卒・資格なしで転職できるか不安、自信がない時にやるべきこと

仕事が合わなくて会社辞めちゃった。退職したけど次が決まっているわけではない。気がつけばいい歳になっていた。高卒、資格もなければ、スキルもない。これといった特技もない。
自分に自信が持てなくなって、不安になって次に進めなくなっていませんか?今回の記事では、そんな方にこそ転職にチャレンジする前にやってみてほしいことをまとめました。

最初から自信のある人間は少ないことを知る

まず始めに、一番大事なことを言います。
最初から自信がある人間なんて、少ないんです。それを知ってください。

テレビに出ている有名人、スーツで電車に乗っているサラリーマン、よく行く店で元気に働いている人。周りを見渡すと自信がありそう、それと比べて自分は何をやっているんだろう。うまくいかない時にはそんな気持ちになりがちです。
うまくいってそうに見えるその人も、もしかしたら今のあなたと同じ状況だったかもしれません。最初からなんでもできて、うまくいく人の方が少ないのです。

自信とは、できることの大きさによって作られると思い込んでいませんか?
仕事でできること、スキルの大きさ、何かすごい資格を持っている、学歴がある、人に自慢できるような特技がある。あればあるだけ自信がつく、というわけではありません。
自分のやってきた小さなことを、認めてあげること。その積み重ねで作られる自信があってもいいんです。

例えば、パソコンで曲を作ることが好きで、ついつい徹夜してまで作業してしまう方。その集中力と、徹夜のできる体力は誰でも真似ができるものではありません。
1つのことが気になると調べることが癖になっていて、自分なりに調べたりまとめたりすることが習慣になっている方。その情報収集力や、まとめる力は仕事でも役に立つことでしょう。

自分が「人と比べて」たいしたことがないと思っている小さな癖や習慣が、実は自信の種になっていて、それを見つけられるかどうかで自信の有無は違うだけかもしれません。
誰もが最初は初心者で、不安を抱えながら進んでいるものです。

就活始めようと思った時が始めどき、いますぐ始めてみよう

「自分には何もない」と止まっているのはもったいないです。時間は誰にでも等しく流れているもの。
こと就活に関しては、気付いた時が始めどきです。

いくら職歴に関しては気にしないという企業があっても、ブランクが長くなればなるほど大変になるのは事実です。40代よりも20代・30代の方が転職しやすいのも事実です。企業としては、正社員として働くのであれば「長く勤めてキャリアを形成していってほしい」と思うのは当然のこと。 だから、始めるのであれば早ければ早い方がいいんです。

必要な資格は、無くても勤め始めてから会社の費用で取得させてくれる企業も多いです。スキルや業務経験も、たとえ同じ業界であっても職場によって仕事の進め方は違ってくるので、以前の職場のルールを引っ張られるよりは新たに習得してもらった方がいいという企業も多いです。
何もないからと心配ばかりしていないで、仕事を検索してみる、転職サイトに登録してみる、ハローワークに行ってみる、アドバイザーに相談してみる、まずは一歩踏み出してみることが大事です。

社風や雰囲気が自分に合う会社を探すために

最後のポイントは、自分に合う会社と出会うこと。

以前の職場でうまくいかなかった理由はなんですか?
仕事のノルマがきつかった、意地悪な先輩社員がいた、上司との相性がよくなかった、業務にやりがいが感じられなかった。色々と理由はあると思います。

正社員として長く勤めるには、採用されるには、自分に合う会社であるかどうかが重要です。

・どんな仕事をしている会社か
・一緒に働く人はどのような人か
・勤務先の雰囲気はどうか

社風や雰囲気が自分に合っているかどうかがポイントです。

同じように、企業側もあなたが社風や文化に合いそうか、ということを重視して採用を進める会社が増えてきています。中には、高卒の方が早く社会に出た分、考え方がしっかりしていて真面目に働いてくれるからと、高卒者の採用を広げている会社もあります。
お互いのフィーリングが合うことが大事なのは、就活も恋愛も一緒かもしれませんね。

自分に合う会社と出会うためには、企業の説明会に参加する、企業見学などに参加する、面接や人事担当者と会えるイベントに行ってみるなどの方法があります。

まとめ

今の就活市場では「何もない」ことを気にする必要はありません。高卒でも、スキルがなくても、職歴にブランクがあっても、正社員になることを諦めなくても大丈夫です。
まずは立ち止まらずに、一歩踏み出して、いろんな企業に会ってみることが大事です。行動しなければ何も始まりませんが、やってみることに価値があります。

そんな先へ進んでみようとする人を、私たちステップ就職は応援します。
利用者のほとんど全員が「自分に自信がない」と言っていました。面談を通して、それぞれの生き方の中に、自分では気付かなかったいいところを持っていることを私たち就活アドバイザーは知っています。
それぞれの持ち味に合う企業を見つけて、一緒に見学に行き、仕事体験をする中で自信が積み重なっていく様子を今まで見てきました。そうして正社員として働き始めた仲間がいます。

まずはやってみよう。新しい一歩を踏み出してみましょう。