2018.09.11

採用をお考えの企業担当者様へ

“伝わりにくいけど素晴らしい”そんな会社が沢山ある

「いい会社という自負はあるのに応募が来ない。」と頭を悩ませる採用担当者。一方で「入社してみたら思っていた仕事と違った。」とすぐに会社を辞める若者。こういったことがあちこちで起きています。また、採用のために高いお金を払って広告を出す会社も多いですが、そもそも会社の魅力ってWEBや誌面だけで伝えられるような表面的なものではないはず。つまり採用や定着に関する問題が生まれるのは、若者と企業の双方に“本当の魅力”が届いていないからかもしれません。

これまでの「いきなり就職」はミスマッチを生じさせる

従来型の「いきなり就職」の仕組みは?

これまでの就職

“ギャンブル採用”はもうやめましょう!

今の採用(就職)は会社説明会や数回の面接で双方が適正を見極める方法が一般的。しかし、そもそもこれはいい方法なのでしょうか?事実私も多くの経営者や採用担当者と話をする中で「面接だけでは本当にいい人材かは分からない。」という本音を聞いてきました。就職する若者側も同じです。「社会人経験が少なく、どんな仕事が向いてるのかも分からない。」こんな状態で何十年と働くかもしれない会社を選ぶというのは簡単ではありません。

相性を見極めてから採用するかを決めるお試し就職

これまでの採用(就職)のやり方はどうしてもミスマッチを発生させてしまいます。ではどうすればよいのか?面接だけで分からないならば、実際に働いてみてから採用するかを決められればミスマッチはかなり減らせるはず。そういう考えで生まれたのが「ステップ就職」です。

新しい「ステップ就職」の仕組みは?

ステップ就職

育成を企業任せにしない社外メンター制度

一人ひとりにメンターが付いて育成をサポート

一人ひとりに「就活パートナー」と呼ばれるメンターが付きます。プレ就職中の本人をサポートしアドバイスも交えながら伴走していきます。初期の育成は時間と手間が掛かるだけでなく、信頼関係ができていない状態だと非常に難しいものです。そんな難しい時期の育成を企業と共に行います。

定期面談を通して課題の改善に取り組む

プレ就職開始時には本人の自己分析シートである「ジブンのトリセツ」を作成し企業とも共有します。また勤務開始一週間、1ヶ月、その後も毎月企業を訪問し課題の洗い出しを行います。それを本人との定期面談の中でどう課題に向き合っていくか?などを話し合っていきます。仕事やものごとに対する捉え方、考え方を教えることで若者の自律性を育てます。

面談内容は企業様へフィードバック

会社での不安や悩みを企業側へ直接話せず、抱え込んでしまうケースが少なくありません。就活パートナーが若者達の悩みを引き出し共に解決の糸口を探していくことはもちろん、内容は随時企業へもフィードバックを行い改善に努めます。

正社員採用後も、フォローアップを実施

一般的な人材紹介会社では採用決定と同時にサービス終了となります。ステップ就職は正規採用後も面談や定着フォローを最大3カ月間実施し、さらなる定着を図ります。


若者の育成を本気で考える企業を応援!

“獲得”から、“育てる”へ

人材育成に力を入れている企業様、募集しています

若い人材を確保するには、即戦力を獲得するだけではなく”育てる”ことが大切。このような考えから、ステップ就職では人材の育成を真剣に考えている企業様のみにご紹介させていただいております。残業や休日、福利厚生などを重視するのではなく、「人を育てる環境づくり」にどう取り組んでいるのか?想いや仕組みについても詳しくお話を伺っています。

スタッフが訪問して丁寧なヒアリング

就活パートナーによるヒアリングをさせていただきます

特に若者は給与や休日など条件面だけで会社を選びがち、それがミスマッチの大きな原因です。就活パートナーはそういう表面的な情報だけでは見えないその会社の”本当の魅力”を伝えるのが仕事。そのため会社を訪問させていただき採用担当者だけでなく、現場のスタッフの声も確認させていただきます。


正社員採用が決まった時だけ紹介料が発生する成果報酬型

例)年収240万円の場合、
一般的な紹介料:年収の30%の72万円の支払い
ステップ就職の紹介料:年収の20%の48万円

他者が30%以上の紹介料に対し、ステップ就職の紹介料は年収の20%です。さらに厚生労働省のキャリアアップ助成金を上手く利用すると、採用費用は実質無料になります。(キャリアアップ助成金支給額:85.5万円)

→キャリアアップ助成金について


いますぐ正社員になりたい意欲のある若者だけが集まっています!

お気軽にweb、電話にてのお問い合わせ、お待ちしております。

→お問い合わせフォームへ