2018.07.19

就職に迷った時に「納棺師」に出会った。おくりびととして人の最後に立ち会うことに誇りに感じています。

愛和のセレモニー事業部は亡くなった方をしっかりと来世に送り出すための納棺儀式を行なう企業。納棺では死化粧、湯灌サービスの質の高さから業界でも有名。未経験でも先輩からしっかりと指導があるため、入社後は3ヶ月間ほどで仕事が覚えられる。ワイワイと賑やかな現場ではない分、寡黙にしっかりと集中できるお仕事です。

このセンパイに注目!

就職に迷っていた時に「納棺師」という職業に出会った。今では人の最後の瞬間に立ち会うことに誇りに感じています。

センパイの仕事を見にいこう。
ちょっとだけ年上のセンパイの入社理由、やりがいを聞けるイベントを定期的に開催中!

涙を流しながら感謝される。そんな仕事なんです!

亡くなった方のシャワー浴・身支度・死化粧などを葬儀前の「納棺式」を行っています。2017年に入社しまだ1年目ですが、先輩と2人1組で1日3件ほど故人宅や式場などの現場をまわります。よく「故人と対面するのは怖くないのか」と聞かれることがありますが、数時間前まで自分と同じように生きていたんだなと思うと、怖さは感じません。

自分のためではなく、誰かのために

人に尽くすような仕事をしたいと思っていました。就活中に見た「納棺師」という言葉が気になって見学をしたら、先輩たちの所作がとても綺麗で迷わず決めました!今は一つ一つ先輩に教えてもらいながらですが、早く一人前の技術を身に付けてご家族の方にとって大事な最後のお別れをしっかりと担当できるようになりたいと思います。

就職に迷っていた時に「納棺師」という職業に出会った。今では人の最後の瞬間に立ち会うことに誇りに感じています。

こんな後輩が欲しい!

・一つのことに集中できる
・特殊技術を持った職人になりたい
・寡黙に仕事に向き合える

この企業について

簡単に言うと!

愛和のセレモニー事業部は亡くなった方をしっかりと来世に送り出すための納棺儀式を行なう企業。納棺では死化粧、湯灌サービスの質の高さから業界でも有名。未経験でも先輩からしっかりと指導があるため、入社後は3ヶ月間ほどで仕事が覚えられる。ワイワイと賑やかな現場ではない分、寡黙にしっかりと集中できるお仕事です。

就活パートナーのおすすめポイント

「人から感謝される仕事に就きたい」という人にお勧めなのがこの納棺士の仕事。スタッフの方と話していると、皆が「自分の仕事に誇りを持っている」と感じる。理由はお客様から時に涙を流しながら言われる「ありがとう」の言葉。仕事が終わると社員同士でご飯にいったりとONとOFFの切り替えもしっかりしている。

就職に迷っていた時に「納棺師」という職業に出会った。今では人の最後の瞬間に立ち会うことに誇りに感じています。