2020.10.15

学校では教えてくれない、働く上で大事な基礎をお伝えします!

STEP ACADEMY講師の方にインタビュー。
今回ご紹介する伊藤寛さんは、社会保険労務士としてご活躍されており、講座では、学校では教えてくれない『働くときの基礎知識』を教えて頂きます。

伊藤寛さん

昭和48年9月7日愛知県生まれ。 大学は岡山の大学に進学。卒業後に入社した企業は1年半で退職。2社目は過酷な労働環境のため2ヶ月で退職。3社目の就職先では上長になり、「企業は人なり」ということを痛感。その後、社会保険労務士の資格を修得。平成15年に独立開業し現在に至る。

人生の半分は仕事、楽しめればより良くなると思ってます

ーSTEP ACADEMYでご担当いただく講座内容は?

知っておきたい”働くときの基礎知識”という講座です。
これから社会に出る方、初めての社会人の方、働く上での基礎知識を学びたい方など、学校では教えてくれないけれど大切なことをお伝えします。


ー講座に込められている思いも教えて頂けますか?

今まで、社会保険労務士として17年ほど中小企業の人事労務に関わってきましたが、会社も働く人たちも知っていればスムーズに解決する問題も知らないが故に大きな問題になってしまい、お互いがマイナスになる場合が多々あります。
人生の半分はおそらく仕事をしていると思います。ということは仕事が安心して楽しくできれば、人生の半分はより良いものなると僕は思っています。


どんな仕事にも必ず人がいると考えています

ー社会保険労務士として働こうと思ったきっかけを教えてください

当初は、理系できたので化学の道に進もうと思っていたのですが、転職を繰り返したおかげでいろんな仕事があることに出会うことができました。
そして、様々な仕事があったとしても会社には必ず「人」がいて、モノやサービスを生み出したり、それを使ったりするのはすべて「人」だと感じました。
そんな中で、「人」がどうしたら、活き活きとして仕事ができるようになるのかと考えていった時に一つの手段として、社会保険労務士という資格取得を目指しました。
※社会保険労務士・・・人材に関する専門家であり、社会保険と労務を担当する。


ー今の仕事でどのように役立っているか教えてください


まさに仕事のやりがいに繋がっています。
今まで出会ったことがないような人たちにも出会えたし、いろんな価値観を持っている人たちがこんなに大勢いるのだと新しい発見ばかりでいつもバタバタしてます。
ただ、成功よりも失敗の方が多く、それを許してくれている関わる人たちに感謝してます。



入社後の上司との人間関係構築にも役立つ講座になっています

ー講座の中で工夫している点があれば教えてください

僕は、会社員も8年経験しており、経営者と働く人の両方の気持ちになったことがあります。場面によって、両方の立場でお話することができるため、新しい発見ができると思います。


-講座ではどんな力が身に着けられるのか教えてください

基礎的なことをお伝えしますので、就職する上での第1歩としての安心感は得られると思います。
また、多くの人が就職する上で、人間関係に不安をもっていると思います。
講座の中では、上司や先輩がどう思っていることが多いかなどもお伝えするので、入社後に対応しやすくなると思います。


この講座を受講しようか、迷っている方へ


何かがすぐに身に付くというわけではありません。
しかし、その時々になってみないとわからないことがこの講座を受講することによって、備えることはできると思います。 社会人としての一歩を一緒に踏み出しましょう!


伊藤寛さんの講座

知っておきたい”働くときの基礎知識”
これから社会に出る方、初めての社会人の方、働く上での基礎知識を学んで安心したい方など、学校では教えてくれないけれど大切なことをお伝えします。
・計1.5時間 1,500円

各講座の詳しい内容は、
こちらからお問い合わせください。